これから外壁塗装をしたいと思っている人への情報発信サイト「とそうのべんきょう.com」へようこそ!

安すぎる見積は危険!|外壁塗装で業者選定で失敗しないための注意点

家を購入してから10年(前後)という年月が経過すると、あちらこちらに劣化や傷みがあることに気がつき、目につくようになります。

 

例えば日常的に利用する水回り。
キッチンやお風呂なんかは中々落ちない汚れが増えてくるし、ピカピカだったはずの部分は今ではすっかり曇ってしまっていますよね。

外壁も同じです。
いつのまにかあちらこちらにコケが生えるようになっていて、なんとなく建物が緑がかっている。
砂ホコリでなんとなく薄汚れている感じになった。

こんな状況ではないでしょうか。

 

ぺいとん
場合によっては地震でヒビが入っているとかもあるよね。

 

じゃあ必要に応じて家のメンテナンスをしよう!
といっても費用もそれなりにかかるし、実際何からやればいいかという話ですよね。

個人的には断トツで外壁のメンテナンスをおすすめします。

 

理由は雨漏りをしてしまえば建物全体が傷んでしまうから
不具合が発生した時に支払わなくてはならない費用が大きくなる可能性が一番高いのが外壁(と屋根)だからです。

 

ぺいとん
その次は水回りの漏水。
とにかく水関係は家の被害が大きくなりやすいよ。

そんな被害が拡大しやすい外壁ですが、適切にメンテナンスをすれば家が何倍も長持ちします。
だからこそ、メンテナンスには必要なお金を掛けなくてはいけません。

ただただ安いだけ、というメンテナンスでは結局損をしてしまう可能性があります。

 

 

こんにちは!管理人のぺいとんです。

2021年時点で築7年ほど経過した住宅に住んでいます!まだ少し先にはなりますが、いずれやってくるわが家の外壁塗装に備えて勉強をしている最中です。

建築や不動産の業界の人と多少関わりがあります。
でも、専門職ではありませんので立ち位置的には普通の人と近いと思っています。
だから、よりかみ砕いて外壁塗装について説明していけるんじゃないかな、と考えています。

 

今回は安すぎる見積に注意という話です。
外壁塗装においてもとにかく「安さ」をウリにしている、競合他社の金額に合わせて大きく値引をしてくる、という業者さんがいます。

そんな業者さんはおすすめできません。

 

結論を先に述べてしまうとこんな感じです。

まともな業者であれば大幅な値引はできない!

  • 外壁塗装の費用が大きく変わることはない
  • 金額を下げようとすると何かを削る必要がある
  • 良くない業者ほど値段を下げる手段がある
このあと具体的な解説に入っていきますので、ぜひお付き合いください!

 

この記事はこんな人に読んでほしい!

  • これから業者に見積を依頼しようとしている人
  • とにかく値段ありきでメンテナンスを考えている人

 

 

外壁塗装費用の大部分は材料と人件費!

外壁塗装の見積で大きな金額を占めるのは以下の通りです。

 

  • 仮設足場
  • 材料(塗料・シール材など)
  • 人件費

他にも「高圧洗浄」や「産廃処分」「諸経費(駐車場など)」、外注も含めて支払わないといけない「法定福利費」といった項目が存在しますが、見積書の価格の大部分を占めるのは上記3つです。

 

実際の見積書では、材料費や人件費で項目が分かれているわけではなく、作業別に「仮設足場組立」や「塗装工事(下塗り・中塗り・上塗り)」「シーリング工事」として記載されています。

 

ぺいとん
塗装であれば「下塗り:○○㎡・単価○円・金額○○○円」みたいな表記をされるよ。

 

 

法定福利費とは : 法令に基づき企業が義務的に負担しなければならない社会保険料

引用元:国土交通省「法定福利費を内訳明示した見積書」についてより

 

 

ぺいとん
もしここの解説で用語が分からないようであれば
外壁塗装に関する用語集をご参照下さい!

 

 

金額を下げるには作業を削るしかない

外壁塗装では価格を下げようと考えた場合、実は削れるものがほとんどありません。

まず仮設足場は作業する上では必須です。
これが無いと作業になりません。
中には「はしご」で何とかなるのでは?と考える人もいますが、作業性は悪いし安全面でも非常に不安です。

まともな業者であれば足場無しという考えには行き着きません。

 

ぺいとん
不安定な場所での作業は想像以上にやりづらい。
塗り漏れや手が届かず作業できない場所なんてのもあるかもしれないね。

 

では材料はどうでしょうか。
塗料は基本的に1㎡(平米)当たりに使わないといけない量が決まっています。
塗る面積が減らなければ使う量は減らすことができません。

仕入れ先への価格交渉はできるかもしれませんが、そんなものは業者さんは常に行っていることです。
余程の大規模な工事でなければ大幅な値引は期待できません。

材料の部分で落とそうとすると塗料の質を落とすことになりますが、それは同時に耐用年数が短くなるといったデメリットを生じます。

 

耐用年数が短くなると言うことは、その分次に外壁塗装をしなくてはいけない時期が早く訪れます。
「どうしても今回は予算がない」ということであればこういった所で予算を落とすことはできますが、長期的に見ると結局高く付きますのでオススメはできません。

 

 

塗料の耐用年数については種類解説|外壁塗装のおすすめ塗料と失敗しない選び方!という記事で詳しく解説しています。興味がある方はこちらもご参照ください!

 

塗料が削れないからといって「人件費」を削れるか、というとそれも難しいところです。
急がせて工期を短くすれば確かに人の手間は少なくなるかもしれません。

そうなると急ぐことになるので、どうしても作業精度は悪くなります
丁寧にできないので見落としも増えるかもしれません。

結果として仕事としては雑になるので良い結果は得られません。

 

じゃあ値引は基本的に無いってこと?
ぺいとん
全く無いわけじゃないよ!
業者さんも仕事がいらない訳ではないから、多少の交渉なら可能性はあるよ。

 

業者さんも仕事は欲しいわけで全く値引交渉に応じないというわけでもありません。
しかし良心的な業者さんであれば、そもそも相場とかけ離れた金額を提示しているということがありません。
いわゆる適正価格というのもので提出されるはずなので、大幅な値引は期待できません。

逆に大幅な値引ができると言うことは、提出された見積書がそもそも高い利益を見込んでいたということになります。

そんなことができる業者さんが「良い業者さん」かと言われたら・・・言うまでもないですよね?

 

ここで知っておきたい

大幅な値引ができる業者さんはオススメできない

 

 

良くない業者は理由なく金額を下げられる

これが良くない業者さんである場合は話は別です。
結構色々と方法があったりします。

 

あくまで一例ですがこのような事が可能です。

  • そもそもの提出見積が高い
  • 作業工程を省く
  • 材料を安いものに変える

 

外壁塗装に限らず建築関係の金額というのは素人にはとにかく分かりづらいものです。

ぺいとん
家電のように完成品を売るわけではないので、定価が無いです。

 

そこにつけこんで適正価格を大幅に上回る見積をする業者というのが存在します。

相場よりはるかに高い金額を見積として提示していれば、多少の値引をしたとしても痛くもかゆくもありません。
もっと言えば値引してなお相場より高い可能性だって考えられます。

今の時代、調べればある程度の相場というのはざっくりでも知ることができますが、高すぎる見積を出す業者は知識がない人が引っかかればOKだと考えているのかもしれませんね。

 

また外壁塗装は作業を省いても気がつきにくい工事でもあります。
例えば高圧洗浄を雑に行ったり、塗装の回数を減らしたりすれば作業日数が削ることが可能です。
極端な話ではありますがやる気になれば可能ですし、実際にそんな事例があるようです。

作業日数が削れれば足場を設置している期間も短くなるのでその費用も浮くことでしょう。

 

これらを省いて短い工期で作業を終えたとしても仕上がった直後はキレイになっているので、見た目にはわかりません。

ただし、手抜き工事で工期を短くするということはその分劣化も早く訪れます。

具体的には耐用年数より短い期間で亀裂が入ったり塗装面が剥離したりといった感じです。
つまり分かるのは塗った直後ではなく何年か経ってから、と言うわけです。

 

さらに材料についても省くことが可能です。
お客さんに曖昧な説明をして大差ないと言いグレードを落とす、材料を決められている分量より多く希釈する、塗る量を減らすといったことで材料を少なくすることができます。

もちろんそんなことをすればメーカー想定しているよりも早く劣化してしまいます。
想定している耐用年数なんて全く意味がありません。

 

ぺいとん
ここの項については聞いた話になります。
実際に見たわけではありません・・・

 

ここで知っておきたい

外壁塗装はごまかしをしやすい工事
信頼できる業者を見つけなければいけない

 

 

 

まとめ:安すぎる見積をする塗装業者を選んではいけない

結論です。
今回の話は他社や相場より大幅に安い金額の業者さんはやめましょうという話です。

理由は以下の通り。

まともな業者であれば大幅な値引はできない!

  • 外壁塗装の費用が大きく変わることはない
  • 金額を下げようとすると何かを削る必要がある
  • 良くない業者ほど値段を下げる手段がある

この話は相場というものを理解しているか、複数の業者さんから見積を取って比較できるという前提でした。

業者さんから見積を取ってみて他の業者さんよりはるかに安かった。
もしくは想定している相場よりもずっと安いという場合、安さに特別な理由がない場合はその業者さんを選択してはいけません。

 

外壁塗装において金額の大部分は以下の3つです。

  • 仮設足場
  • 材料(塗料・シール材など)
  • 人件費

決められた作業をきっちりこなそうとすると材料も人も、そして作業するための足場も削ることができないない項目です。

 

まともな業者さんであれば外壁塗装はそれほど大きな値引きが可能な工事ではありません。

それでも大きな値引きを行ってくるとしたら相応の理由があります。
それは材料をごまかしたり、手を抜いて人の人件費を少なくすることで金額を落としてくるといった可能性です。

当たり前の話ですが、そんな仕事ではまともな仕上がりになるはずもなく想定している年数よりもずっと早く劣化が始まってしまいます。

そのようなことをする業者さんがまともであるはずもなく、問題が起きたときに対応してくれるかといえば恐らく対応してくれることはないでしょう。

 

今回は以上になります。
今後も色々と解説を頑張っていきますのでお付き合い頂けたら嬉しいです。
次回もよろしくお願いします!最後までお読み頂きありがとうございました!

 

最新情報をチェックしよう!