これから外壁塗装をしたいと思っている人への情報発信サイト「とそうのべんきょう.com」へようこそ!

放置はやばい! 雨漏りし続けた家に起こる恐怖の被害とその対策

他人の雨漏りの話を聞いてみると意外にも放置してしまう人というのが居るようです。

「そんなことあるわけ無いだろー」と思っていたとしても、それは雨漏りという災難が自分自身に降りかかっていないから言えるわけで・・・いざ自分に雨漏り被害が起きるとどうして良いか分からずに放置してしまうかもしれません。

 

でも、雨漏りは絶対に放置をしてはなりません
放置する時間が長ければ長い程、家にはダメージが蓄積していきます。

雨漏り対策の理想は「兆候が現れたらすぐ対応」すること。
事象が発生する前に解決してしまうことが最善です。

ただ実際には実際に雨漏りが発生し、居室内に被害が出始めてから気がつくことのほうが多くなります。つまり「発生してしまった被害」をいかに小さくなるようにするかに注力するべきなんです。

 

こんにちは!管理人のぺいとんです。

2021年時点で築7年ほど経過した住宅に住んでいます!まだ少し先にはなりますが、いずれやってくるわが家の外壁塗装に備えて勉強をしている最中です。

建築や不動産の業界の人と多少関わりがあります。
でも、専門職ではありませんので立ち位置的には普通の人と近いと思っています。
だから、よりかみ砕いて外壁塗装について説明していけると思っています。

 

今回は雨漏りを放置することについてです。

 

結論を先に述べてしまうとこんな感じになります。

  • 雨漏りの放置は絶対にダメ
  • 雨漏りを放置すると加速度的に建物が傷む
  • 傷んだ建物に害虫が寄り付く
  • 建物・害虫等の被害に対して、それぞれ業者に依頼することになる(高額
  • 兆候があるなら、面倒でも建物のチェックをする
このあと具体的な解説に入っていきますので、ぜひお付き合いください!

この記事はこんな人に読んでほしい!

  • 建物に不具合の兆候があるような気がする
  • 漠然とまだ大丈夫と思っているが根拠はない

 

 

雨漏りを放置するとどうなる?発生する被害

当たり前の話なんですけど、雨漏りをすると建物は傷みます。
ただ、放置し続けた場合の建物の傷み方って、多くの人が思っている以上に速いペースなんですよね。

被害が確認できたその場では分からないかもしれませんが、「放置」という結論を選んだ場合には後から間違いなくしっぺ返しをくらいます。

 

ちなみに近いうちに外壁や屋根の塗装をするのでそれまでは放置でいいと考えるのも危険です。塗装で雨漏りは治りません。
実際には塗装をする際、下地処理の一環として雨漏り箇所を修繕することになります。
すでに雨漏りが起きているのであれば「建物の被害を最小限にするため」にそこだけでも先に修繕しておく必要があります。

 

 

建物の損傷による被害

雨漏りというのは本当に厄介な事象です。
人の普段見ることのない部分で発生し、建物内部を傷めつけていくからです。

 

ぺいとん
発覚まで時間が掛かるし、解決にも時間が掛かる・・・

 

仮に部屋の壁にちょっとしたシミができる程度だとしても、もしかしたら見えない部分に大量の水が入り込んでいるかもしれません。

そしてその水はどこにいくのでしょうか。
最終的には乾燥してなくなるかもしれませんが、壁の内部や天井裏は空気の流れが少ない部分。乾燥するまでには非常に時間が掛かります。

乾燥するまで時間が掛かるという事は、長い時間に建物・部屋を構成している「木」や「石膏ボード」が濡れ続けます。

 

短期間濡れた程度だったら何とかなるかもしれませんが、大量の水が入り込んで乾くまでに時間が掛かってしまうと木材や石膏ボードは使い物にならない程劣化します。

特に石膏ボードの劣化は進み具合は本当に早いです。
表面にカビも生えやすくなり、強度もかなり低下しますので即日対応ができた場合を除けば石膏ボードも取り換える必要が出てくるでしょう。

 

では木材の方は問題ないかというと当然そんなことはありません。
石膏ボード程ではないにしろ濡れたまま放置すれば確実に劣化します。

石膏ボードのように濡れた瞬間即強度の低下してしまうということにはなりません。
しかし長期間濡れ続ければ話は別です。

木も濡れ続ければ劣化し、黒く変色して腐っていきます。
劣化を続ければ最終的には何の抵抗もなく崩れてしまうほど柔らかくなってしまいますので水の力とは恐ろしいものです。

この腐食が壁や天井などの発生するとその部分の修繕はかなりの金額になりますし、万が一建物の根幹となる「」の部分がやられてしまえば費用は何100万という莫大なものになりかねません。

 

柱などがダメになると、「建物が傾く」「天井が落下する」など非常に危険な状態にもなりえます。

 

 

建物の損傷に集まる害虫たち

雨漏りによって建物が傷んでしまった場合、被害が建物だけに留まるとは限りません。
そこに害虫と呼ばれる生物が集まってきてしまう可能性があるからです。

ちなみに害虫の代表格はシロアリ。
あの気持ち悪いやつですね。実はアレ、蟻じゃなくてゴキブリの仲間だそうで初めて聞いた時は非常に驚きました。

 

ぺいとん
これを聞いた時はなお一層シロアリが嫌いになりました。

その他にも「チャタテムシ」と呼ばれる小さな虫など、傷んだ家に寄ってくる害虫は多種多様です。

共通点湿気を帯びた木材が大好きだということです。
どちらにしても雨漏りによって家の中を濡らしたままにしておくことが原因の一つとなっていて、雨漏りに対する「処置をいかに早くするか」が害虫を寄せ付けないようにする鍵になっています。

 

 

害虫の被害にあった場合の対処法

すでに害虫の被害が発生してしまっている状況で素人が対応・対策するというのは現実的ではありません。というより無理があります。

なぜなら普通の人が床下や屋根裏で何かを作業するというのが非常に難しいからです。

 

ぺいとん
恐らく多くの人が住宅の天井裏や床下に入ったことなんて無いですよね。

 

実際に入ったことがある人なら分かると思いますが、床下や天井裏というのは非常に狭く思ったようになんて動けません。
常に屈んだ状態、場所によってはホフク前進のような体制で潜って行かないといけないこともあります。

その中で小さな虫や獣に対して必要な処理をする・・・無理じゃありませんか?

 

そして動きづらい以前にもっと大きな問題があります。
屋根裏や床下って単純に危険な場所が多いんです。

狭いので単純に頭や体をぶつけやすいし、あちこちに引っ掛かることも当たり前。
それだけで済めばいいですが、場所によっては金具などの尖った部分がむき出しになっているなんて事もザラです。

サイトによってはチェックポイントを羅列して「ここをチェックしよう!」なんてことを書いてあります。

具体的には「屋根」や「配管だらけの床下」なんかは非常に危険な部類だと思います。
素人がチェックするには非常に危険で気軽に「チェックしてね」と言って良い場所ではないと思っています。

 

ぺいとん
ケガをしても「自己責任」という話になってしまうので要注意です。

 

ではどうするかと言えば「少しでも早くプロに頼む」、これに尽きます。
素人がアレコレ頑張るよりも業者に依頼する方が現実的です。餅は餅屋というヤツですね。

 

でも、害虫駆除をやっている専門業者も普段付き合いがある人なんて多くはないですよね。
もしかしたら塗装屋さんよりも探すのは大変かもしれません。

外壁塗装同様できれば相見積ができれば良いですが、複数の業者さんに当たるのは大変ですし何より「雨漏り」の場合は時間がありません。
となればやはりインターネット上でいくつかの業者さんを探して見積を取ってしまう方が時間的な短縮にはなります。

 

ぺいとん
口コミが酷かったり、逆に不自然に良すぎる業者さんには注意しよう!

 

 

 

 

被害に遭う前に建物のメンテナンスはすべき

今までの話の流れから伝わってはいるかと思いますが、結論としては建物のメンテナンスはやるべきです。

 

例えば外壁や屋根のメンテナンスは一般に10年という目安で手を入れるべきと言われています。
建物の立地や環境によって痛み具合は変わってきますが、10年を境にメンテナンスが必要だということを記憶の片隅に置いておくと良いでしょう。

費用の目安は約100万円。
決して安い金額ではありませんが、建物の不具合を放置した結果発生する修繕の金額と比較すればまだマシではないでしょうか。

外壁などの兆候については目安は10年?|外壁塗装のきっかけと皆がやってるからでは遅い理由で解説していますのでぜひご参照ください。

 

メンテナンスの重要性が分かったとして、次は外壁や屋根のメンテナンスの依頼先ですよね。

住宅のメンテナンスというのは内容が内容だけに費用が結構掛かります。
大きな費用を払うわけですから当然失敗したくはありません。だから業者探しは非常に重要な内容です。業者探しも楽じゃありませんね。

 

住んでいる地域で知っている業者があれば良いですがそうとは限りません。
合い見積を1つ取るにも業者を複数探す必要があるので大変です。

そんなあなたには一括見積サイトでも探してみることをお勧めします。
一括見積サイトが最良の選択肢というつもりはありませんが、複数の見積を入手するための手間を省くには良い選択肢です。

 

 

 

ピックアップ:建物被害は保険が適用できる場合がある

建物の被害は突発的に発生することもありますよね。
それに対しての費用を保険で賄える場合があります。

具体的には台風や雪のような自然災害での不具合です。
自然災害などの場合には保険を適用できる場合がありますので、加入している保険を確認してみましょう。

ただし、あくまで被害内容に対して下りるのが保険です。
経年に対する劣化は含まれておりませんので注意しましょう。

 

ぺいとん
一部の業者には保険で「何でも対応できる」ように誤認するような書き方をしているところもあるので要注意です。

 

 

まとめ:雨漏りし続けた家に起こる被害とその対策

まとめになります。

 

今回の記事の結論は以下の通りでした。

  • 雨漏りの放置は絶対にダメ
  • 雨漏りを放置すると加速度的に建物が傷む
  • 傷んだ建物に害虫が寄り付く
  • 建物・害虫等の被害に対して、それぞれ業者に依頼することになる(高額)
  • 兆候があるなら、面倒でも建物のチェックをする

 

いざ自分の家で雨漏りが起きてしまうと、どう対処していいか分からず放置してしまいそうですが、絶対に放置をしてはいけません。
雨漏りを見つけたら発生した被害をできるだけ小さくするためにすぐに対応することが重要です。

建物は濡れている状態が続くと驚くようなスピードで傷んでいきます。
そこに害虫が寄りつくのでさらに被害が深刻化します。

 

外壁塗装は屋根も含めて目安100万円程の費用が掛かります。
雨漏りや害虫が発生してしまうと被害が拡大し、内容次第では数百万単位という高額になりかねません。
さらにそのような状態の建物は傾いたり屋根が落ちたりする可能性もあり、住むこと自体に危険が伴います。

 

現実的な対策は気がついた時点で早急に業者に依頼すること。
確かにそれなりの費用が掛かり手痛い出費ではありますが、自分で対処しようとするのはオススメできません。

建物の屋根裏や床下など、普段の生活上で行かない場所というのは危険なことが多いです。
金具などがむき出しでそのままになっていることも少なく無いので下手をすると大きなケガをする可能性もあります。

 

雨漏りを発生させてしまうと後々大きな被害になってしまう可能性があります。
そうならないためには適切な時期に必要なメンテナンスをすることです。

業者さんとの繋がりがあるのであれば早めに相談しておきましょう。
もし相談できる業者さんがいないのであれば、一括見積サイトを利用するのも手です。

近場の業者を1社ずつ連絡は大変ですが、一括見積サイトであればその手間を省くことが可能です。

 

災害による雨漏りであれば保険が適用できるケースがあります。
確認してましょう!

 

 

今回は以上になります。
今後も色々と解説を頑張っていきますのでお付き合い頂けたら嬉しいです。
次回もよろしくお願いします!最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 一括見積サイトを利用するにも「どこを利用したらいいか分からない!」「結局どのサイトがいいの?」
そんな悩みを解決するために一括見積サイトについて解説しています!

➡一括見積サイトの解説を見てみる⬅
最新情報をチェックしよう!